2017年9月11日月曜日

「ニュー・ファンタスマゴリア」の上映作品がYouTubeにアップされました

2017713日~16日まで京都芸術センターで開催されたスライドショー上映会「ニュー・ファンタスマゴリア」の上映作品です。

是非ご視聴ください。

Please listen to this PhotoMusic when you have a moment.



◉Snoezelen Landscape

https://www.youtube.com/watch?v=Pgg47Uh8ysQ

◉PhotoMusic
http://photomusic.jp/english/

2017年8月6日日曜日

○△□ Statement

2006年、絵巻物の展示を勧められて初めて出光美術館を訪れた。ミュージアムショップで」「」「」が描かれたポストカードを見つけ手に取ると、裏面には「○△□ 仙厓 The Universe (1750-1837) 」と書かれていた。油絵を専攻していた私は、カンディンスキーやモンドリアンが抽象絵画を試みた遥か前に、日本でこのようなものがあることに驚き、絵巻物の展示が一気に吹き飛び、このポストカードを購入した。これが仙厓との出会いである。ここには観るものを自由な境地へと招き入れる様々な仕掛けが施されていて、一種の謎解きの要素もある。そんな中で、最も謎とされているのが、この「○△□」である。禅画の特徴は、画が描いてあって画を説明する言葉がある。これを賛という。「○△□」の画には賛に値するものがない為、見ているものは手探り状態になる。仙厓作品だけでなく外側を見渡してもなかなか参考になるものがない。は無限、は全ての形状の始まり、の倍で倍は宇宙を表しているのかもしれない。はたまた、おでんかもしれない。どういう解釈を試みるにせよ、仙厓の罠にはまっている気がする。そこには、何が描かれているのかという思索や、造形上の観察ではなく、一気にそのもの自体の内奥に飛び込ませる開けた世界が広がっている。まずは、認識の外に出てみる。計り知れなさに向かって歩み出すことが必要なのではないかと思う。


In 2006 I visited Idemitsu Museum of Arts to see an exhibition of the picture scroll.  When I dropped by the museum shop, I found an postcard with an drawing of ‘○’ ‘△’ ‘□’, which reads ‘○△□, Sengai, The Universe (1750-1837)’ on the reverse.  I, who had ever majored in oil painting, was greatly surprised to know that there had been such an artwork in Japan well before Kandinsky and Mondrian created abstract paintings, and then immediately bought the postcard forgetting the exhibition itself completely.  This was my encounter with Sengai.  His works embrace various gimmicks to invite viewers into free ground as well as a kind of reading riddles.  This ‘○△□’ is the most difficult riddle among them.  In Zenga (Zen drawing) a drawing is usually accompanied by some texts to explain it, which is called as ‘San’.  However ‘○△□’ doesn’t have it and so viewers are forced to fumble their way to grasp its meaning.  There are hardly any clues in Sengai’s other works and its surroundings.  ○ may mean infinity, △ could be the beginning of all kinds of shapes, and □ is double triangles and ‘double’ may represent the universe.  Or else it just means ‘Oden’ (one of Japanese winter dishes)?  I feel like being caught in the trap of Sengai in any interpretation.  Only open world spreads there and it has us jump straight into the deepness of itself without speculation on what are drawn or observation of form and shape.  First, move outside your recognition.  It is necessary to begin to walk toward inscrutable.

出光美術館 / Idemitsu Museum of Arts






2017年7月24日月曜日