2015年9月23日水曜日

daikanyama photo fairに参加致します

daikanyama photo fairにPOETIC SCAPEより参加致します。

詳細は以下のオフィシャルサイト、またはFacebook ページをご覧下さい。

POETIC SCAPE will participate in daikanyama photo fair 2015
 See more detail at the official website
daikanyama photo fair 

Facebook page

POETIC SCAPE
会期:2015年9月25日(金)〜 27日(日)
時間:11:00~21:00(最終日は17:00まで)
会場:代官山ヒルサイドフォーラム
(東京都渋谷区猿楽町18-8ヒルサイドテラスF棟)ほか
入場料:一般 ¥1,500/学生 ¥1,000
主催:一般社団法人 日本芸術写真協会
協賛:リシュモン ジャパン株式会社 カルティエ、ルイナール(MHD モエ ヘネシー ディアジオ)、Lexus International、株式会社 アマナ、株式会社 アマナサルト、株式会社ロモジャパン、キヤノンマーケティングジャパン株式会社協力:ART OSAKA実行委員会、コギコギ、代官山蔦屋書店、gallery ON THE HILL、ヒルサイドテラス、株式会社プチバトージャパン
メディアパートナー:IMA

Dates : September 25 (Fri)–September 27 (Sun), 2015
Opening Hours: 11am – 9pm (11am – 5pm on the last day)
Site :Daikanyama Hillside Forum
(Hillside Terrace Building F, 18-8 Sarugaku-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0033 Japan) and additional sites
Admission : Adult: ¥1,500 / Student: ¥1,000
Organizer : Fine-Art Photography AssociationSponsors : Cartier-Richemont Japan Ltd., Ruinart (MHD Moet Hennessy Diageo), Lexus International, amana inc., amana salto inc., and Lomography Japan, Canon Marketing Japan Inc.Supporters : ART OSAKA Organizing Committee, COGICOGI, DAIKANYAMA TSUTAYA BOOKSTORE, gallery ON THE HILL, HILLSIDE TERRACE, and PETIT BATEAU JAPAN
Media Partner : IMA










2015年9月18日金曜日

『LUMIX MEETS JAPANESE PHOTOGRAPHERS #2』

LUMIX MEETS JAPANESE PHOTOGRAPHERS #2
http://japanese-photographers.jp/2014/

title: Snoezelen Landcsape
《statement》
普段は自然光をフィルムで撮影しています。今回デジタルカメラを手にした時、違和感と共に、エレクトリカルな人工光が目に飛び込んできました。そこには、フィルムカメラを手にしている時では得られない感覚があり、私は即座に「スヌーズレン」を連想しました。
スヌーズレンは、重度の知的障がいを持つ人々との関わりの理念として、およそ25年前にオランダの施設で生まれ発展してきました。スヌーズレンの語源は、オランダ語の「くんくん匂いをかぐ」と「うとうとする」という言葉をあわせた造語です。利用者に心地よい感覚刺激を提供し、それを楽しみながらリラックスしてもらう活動の事でもあります。最近では障がいに関わらず、日常生活で疲れた心と体を癒すために色々な場所で取り入れられるようになってきています。
私の写真から、感覚刺激そのものを楽しんで頂けたらどんなに良い事でしょう。
東京の街でみつけたスヌーズレン。
I usually take photographs with film under natural light. When I held a digitalcamera for this project, it felt strange, and the artificial electrical lights jumped into my eyes. It was a sensation that I had never felt when using a film camera, and I immediately associated it with Snoezelen in my maind.
Snozelen is a theory on how to relate to people with server mental challenges, which was born and developed 25 years ago in a facility in the Nertherlands. The term is a neology which combines Dutch words for “to smell”and “to snooze”. It is also a practice for providing comfortable sensible stimuli to users so as to allow them to enjoy themselves and relax. It has recently gone beyond the use for disabilities, and it is being introduced in diverse places to heal physical and mental tiredness from everyday life.
It would be wonderful people could, through my photographs, enjoy such sensual stimuli.
This is the Snoezelen I found in Tokyo.