2017年9月11日月曜日

「ニュー・ファンタスマゴリア」の上映作品がYouTubeにアップされました

2017713日~16日まで京都芸術センターで開催されたスライドショー上映会「ニュー・ファンタスマゴリア」の上映作品です。

是非ご視聴ください。

Please listen to this PhotoMusic when you have a moment.



◉Snoezelen Landscape

https://www.youtube.com/watch?v=Pgg47Uh8ysQ

◉PhotoMusic
http://photomusic.jp/english/

2017年8月6日日曜日

○△□ Statement

2006年、絵巻物の展示を勧められて初めて出光美術館を訪れた。ミュージアムショップで」「」「」が描かれたポストカードを見つけ手に取ると、裏面には「○△□ 仙厓 The Universe (1750-1837) 」と書かれていた。油絵を専攻していた私は、カンディンスキーやモンドリアンが抽象絵画を試みた遥か前に、日本でこのようなものがあることに驚き、絵巻物の展示が一気に吹き飛び、このポストカードを購入した。これが仙厓との出会いである。ここには観るものを自由な境地へと招き入れる様々な仕掛けが施されていて、一種の謎解きの要素もある。そんな中で、最も謎とされているのが、この「○△□」である。禅画の特徴は、画が描いてあって画を説明する言葉がある。これを賛という。「○△□」の画には賛に値するものがない為、見ているものは手探り状態になる。仙厓作品だけでなく外側を見渡してもなかなか参考になるものがない。は無限、は全ての形状の始まり、の倍で倍は宇宙を表しているのかもしれない。はたまた、おでんかもしれない。どういう解釈を試みるにせよ、仙厓の罠にはまっている気がする。そこには、何が描かれているのかという思索や、造形上の観察ではなく、一気にそのもの自体の内奥に飛び込ませる開けた世界が広がっている。まずは、認識の外に出てみる。計り知れなさに向かって歩み出すことが必要なのではないかと思う。


In 2006 I visited Idemitsu Museum of Arts to see an exhibition of the picture scroll.  When I dropped by the museum shop, I found an postcard with an drawing of ‘○’ ‘△’ ‘□’, which reads ‘○△□, Sengai, The Universe (1750-1837)’ on the reverse.  I, who had ever majored in oil painting, was greatly surprised to know that there had been such an artwork in Japan well before Kandinsky and Mondrian created abstract paintings, and then immediately bought the postcard forgetting the exhibition itself completely.  This was my encounter with Sengai.  His works embrace various gimmicks to invite viewers into free ground as well as a kind of reading riddles.  This ‘○△□’ is the most difficult riddle among them.  In Zenga (Zen drawing) a drawing is usually accompanied by some texts to explain it, which is called as ‘San’.  However ‘○△□’ doesn’t have it and so viewers are forced to fumble their way to grasp its meaning.  There are hardly any clues in Sengai’s other works and its surroundings.  ○ may mean infinity, △ could be the beginning of all kinds of shapes, and □ is double triangles and ‘double’ may represent the universe.  Or else it just means ‘Oden’ (one of Japanese winter dishes)?  I feel like being caught in the trap of Sengai in any interpretation.  Only open world spreads there and it has us jump straight into the deepness of itself without speculation on what are drawn or observation of form and shape.  First, move outside your recognition.  It is necessary to begin to walk toward inscrutable.

出光美術館 / Idemitsu Museum of Arts






2017年7月24日月曜日

2017年7月13日木曜日

画像から音楽を創るPC用ソフト『PhotoMusic』について

『PhotoMusic』は、画像から音楽を作るソフトです。
こちらのソフト開発に1年前から協力させていただきました。

Photo Musicについて、DOZAN11さん(三木道三)が詳細を書いていますので、ご覧になってください。


PhotoMusic

また、本日より16日まで『ニュー・ファンタスマゴリア ─スライドショー新世紀 が京都芸術センターで開催されます。

ニュー・ファンタスマゴリア ─スライドショー新世紀







2017年6月23日金曜日

『ニュー・ファンタスマゴリア_スライドショー新世紀』に参加致します

日時:
2017713() - 716(
10:0017:00
13日は19時まで。14-16日は祇園祭のため、17時で閉館

会場:

京都芸術センター フリースペース

参加アーティスト
港千尋+DOZAN11EX 三木道三) Chihiro MinatoDOZAN11EX MIKI DOZAN
勝又公仁彦 Kunihiko Katsumata
キオ・グリフィス Kio Griffith
佐久間里美 Satomi Sakuma
鈴木崇 Takashi Suzuki
澄毅 Takeshi Sumi
関口涼子+DOZAN11 Ryoko SekiguchiDOZAN11
武田陽介 Yosuke Takeda
田中和人 Kazuhito Tanaka
中屋敷智生 Tomonari Nakayashiki
矢津吉隆 Yoshitaka Yazu
山内亮二 Ryoji Yamauchi
山本聖子 Seiko Yamamoto

クレジット
ソフトウェア開発:
港千尋(監修)
南方郁夫(プロデューサー)
三木学(ディレクター)
DOZAN11(音楽ディレクター)
木村利行(UIデザイン)
谷本研(ロゴデザイン)

企画:

三木学

協力:
株式会社ビジョナリスト、クラウド・テン株式会社、株式会社カエルグラス丸山美佳

関連企画
《トーク》「スライドショーの歴史と可能性―写真と音楽をめぐって」
日時:713日(木)1900—20:30
会場:京都芸術センター フリースペース
出演:港千尋(写真家・著述家/多摩美術大学教授)
勝又公仁彦(写真家・美術家/京都造形芸術大学准教授)
DOZAN11(音楽家)
佐藤守弘(視覚文化研究者/京都精華大学教授)
三木学(編集者・色彩研究者)ほか


予約不要・参加無料

ニュー・ファンタスマゴリアーースライドショー新世紀





2017年2月26日日曜日

2017年1月7日土曜日

『Gallery Show 2017』/ New work “In a Landscape”

<展示作家紹介 8 | 佐久間里美

何もないキャンバス上に様々なトリックを駆使して目の錯覚を生み出し、リアル(に見える)風景を作り上げるものが絵画の基本的性質だとすれば、元画家である佐久間里美が絵筆をカメラに持ち替え挑んだのは、「フィルムカメラで、被写体には指一本触れず、デジタル加工もぜず」、しかし「目の前の世界をいつ、どこを切り取るか」という写真の極めてシンプルな方法のみで、いかに非現実的な風景を生みだせるかというものであった。 In a Landscape」で長年にわたりこの「苦行」を行ってきた佐久間は、現在は今までの制約を取り払い、デジタルカメラでの新しい作品の可能性に取り組んでいる。

: 柿島貴志 / POETIC SCAPEディレクター

If the basic nature of painting is making use of various tricks on blank canvas to create illusion of eyes and make real landscape, Satomi Sakuma, the former painter, replaced the brush with a camera and challenged to create unrealistic landscapes under the strict rules. These are “With a film camera, no arrangement on a subject, no digitally manipulation, but with this very simple shooting method. “when and where to cut the world” After having through this “penance” for many years for her work “In a Landscape”, she removed the strict rules, working on the possibility of new works with digital cameras.

:Takashi Kakishima / POETIC SCAPE Director






2017年1月6日金曜日

ギャラリーコレクション展『Gallery Show 2017』に参加致します

2017111日(水)より211日(土・祝)まで、POETIC SCAPEで開催されるギャラリーコレクション展『Gallery Show 2017』に参加致します。

会場:POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:2017111日(水)− 211日(土・祝)*祝日2/11は臨時営業いたします。
          
            月・火 予約制
    水   16:00-22:00
    木~土 13:00-19:00
    日・祝 休廊

協力:shashasha

【展示作家】
野村浩|佐久間里美|渡部敏哉|原芳市|熊谷聖司|尾黒久美
福山えみ|達川清|多田ユウコ|大洲大作|木原悠介|宮田明日鹿

【共同開催】photo book store selected by shashasha

オープニングレセプション:2017111日(水)18:00-22:00

展示されていない作品もご覧になれますので、ディレクターの柿島さんやスタッフにお気軽にお尋ねください。

_________________________________________________________________________

A group show with selected works from the past exhibitions at POETIC SCAPE.
It will be held in a cold season, but please come visit us.

Venue: POETIC SCAPE
Date: Jan.11. 2017 (Wed.) - Feb.11 (Sat.) *open Feb.11 as exception.
Cooperation: shashasha

Participating Artists
Hiroshi NomuraSatomi SakumaToshiya WatanabeYoshiichi HaraSeiji KumagaiKumi Oguro
Emi FukuyamaKiyoshi TatsukawaYuko TadaDaisaku OozuKIHARA YusukeAsuka Miyata

collaboration project
photo book store selected by shashasha

*Opening Reception Jan.11. 18:00-22:00